« 2007年5月5日 | トップページ | 2007年5月13日 »

2007年5月6日の2件の記事

2007年5月 6日 (日)

漢城百済の痕跡-2 土城址

百済初期の都、慰礼城がソウル市松波区のオリンピック公園辺りにあったろうと推定されており、二つの土城址が残っている。その一つが地下鉄千戸駅近くにある風納土城。全周3.7kmに渉り、土を幾層にも突き固めた版築土塁の城壁で平地を囲んだもの。現在は西側の一部が1925年の漢江の洪水で失われたり、南側や東側がかなり表土が失われて高さが低くなったりもしているが、1500年の風雪に耐えて一応半分以上が残っている。北側は結構高さを保っており、約7m程か。東側は4箇所城壁が途切れて道路が通っているが、ここには城門があったと推定されている。
発掘調査では、三国時代の百済の遺物は言うに及ばず、先史時代の土器も見つかり、この漢江沿いの一帯が先史時代から人が暮らしてきた豊かな土地だったということが分かる。三国時代には百済、高句麗、新羅がこの地域の争奪戦を繰り広げたらしい。そのころ暮らしていた人々がどんな顔でどんな言葉を話していたのか、興味は尽きない。
現在、この城壁の内側はどうなっているかというと、完全に生活空間である。マンションと住宅地が密集して大半を占め、北側にはトッケビ(おばけ)市場と呼ばれる、アメ横のように狭い路地が延々と続く田舎臭い市場が残っている。先史時代から2000年以上、この国でずっと人口密度が高いところなのだろう。

この風納土城の南側、オリンピック公園の敷地内に残る夢村土城は、海抜45mの丘陵地をうまく利用して全長2.7kmの版築土塁で囲んだ、百済初期城郭跡である。ここでは土塁上に木柵を築いた痕跡が残っている。発掘された土器などから、中心年代が4~5世紀と推測されている。西晋の錢文陶器片が出ていることから上限を3世紀末とし、高句麗の南進で475年に漢城百済が滅ぼされるまで続いたものと思われる。

2006_1005_094054aa_800map 風納土城地図。漢江のすぐ南岸に位置する。

2006_1005_090714aa_800 風納土城東側の土塁跡。土塁が途切れたところは道路が通っているが、城門跡と推測されている。

2006_1005_090035aa_800 2006_1005_085732aa_800

2006_1005_091828aa_800 トッケビ市場。左手前の魚は、クルビと呼ばれるイシモチの干物。

2006_1005_093054aa_800

狭い露地に、店舗だけでなく露天商も軒を連ねる。

2006_1005_094441aa_800 犬鍋の店。看板がユーモラス。

犬の絵の下に、「俺、トンケ・・」と書いてある。トンケは直訳すると何なのだが、食用犬とでもしておけば良いのかな?

2006_1005_094456aa_800風納土城の北西の城壁が途切れる辺りは駐車場になっている。 

2006_1005_094756aa_800風納土城で一番残存状態が良い北側の土塁。

2006_0923_103602aa_800 オリンピック公園入口の不思議なモニュメント。ちょっと理解できないセンス。

2006_0923_104135aa_800南側から見た夢村土城。丘陵地を掘が囲んでいる。

2006_0923_104954aa_800夢村土城の土塁。散策路が設けられ、公園として整備されている。中には竪穴式住居跡や、歴史資料館もある。

2006_0923_105146aa_800 

2006_0923_114049aa_800 写真は木柵の柱穴が見付かった場所に、柵を復元したもの。

漢城百済の痕跡-1 古墳群

百済の最初の都は漢城百済と言い、慰礼城という王城があったという。それがどこにあったか確定させるほどのものは見付かっていないが、漢江下流域で、現在のソウル市江南地区一帯にあったと推定されている。主に漢江の南側、オリンピック公園の周辺にいくつかの遺跡が残っている。

ソウル市松波区の芳夷洞古墳群には、9基の円墳が残っており、うち一基は横穴式石室を覗き見ることができるようにしてある。周囲は写真の通り近代的なアパート群が密集する住宅地。古墳公園として整備されており、近隣住民が散策していた。

同じソウル市松波区石村洞にある、石村洞古墳群はさながら古墳博物館だ。色々な様式の古墳が一箇所に集中している。

まずは、ここ以外では見たことがない百済初期の石積塚4基が、目を引く。

他に円墳が1基、土溝墓が一基残っている。かなり長い年月に渉っていろいろな階層の共同墓域として使われたようである。1916年の調査記録では、石積塚23基、墳丘墓66基の計89基もの古墳が残っていたとのことだが、開発で失われて現存するのはこれだけだ。

積石塚は、高句麗の初期の墓を思い起こさせる。百済の始祖が高句麗の分派であるとの話を裏付けるようだ。

Bangi1

芳夷洞古墳群Bangi2

芳夷洞古墳群 一号墳と石室内部

Bangi3hole

Img_0020_1024石村洞古墳群の石積塚

Img_0021_1024石村洞3号墳。高句麗の将軍塚よりも平面積が大きい。写真ではその大きさが分かりにくいが、東西49.6m, 南北43.7m, 高さ 4mの三段の石積塚だ。

Img_0026_1024

Img_0028_1024

2006_0923_100159aa_800基壇部だけがかろうじて残った石積塚

2006_0923_100549aa_800

2006_0923_100534aa_640土溝墓

2006_0923_100338aa_800

« 2007年5月5日 | トップページ | 2007年5月13日 »

フォト

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
    面白いと思ったらクリックしてみてください!
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ