« 温達山城 (온달산성)~高句麗温達将軍伝説 | トップページ | 大邱達城 (대구달성) ~三国時代初期の城郭 »

2007年7月16日 (月)

堤川 德周山城 (덕주산성)

忠州市の南端にある水安堡温泉に一泊したついでに、近場の山城を探して訪ねた。
この温泉の辺りは、韓国の南北を結ぶ古街道の、峠の関を越えた北側に位置するが、今回訪ねた德周山城は、この古街道を守った山城である。新羅時代に最初に作られたと推定されているが、李朝時代まで増改築を重ねた結果、最終的には四重の城郭、全長9.8kmに渉る巨大な山城となった。城壁はかなり崩れているが所々修築して、今は南門、東門、北門が再現されている。
元軍が襲来した際、突然風雲乱れ、ひょうが降り注いだところ、神が守る地であると恐れをなして蒙古が逃げたという伝説が残る。
南門と東門付近を訪ねた。両方とも街道が通る谷間に作られている。北門は登山しないと行かれないとのことで、時間の関係もあって断念した。
山の稜線に沿って、ところどころ急峻な坂にも城壁の址が点在するのが遠くに見えた。この山城がある月岳山は国立公園として整備されており、秋には紅葉で美しく、登山客が多いらしい。

2006年12月30日踏査。

2006_1230_140337aa_800

2006_1230_140542aa_800

▲復元された南門。四重の城郭の一番外郭だと思う。

2006_1230_140353aa_1024

▲解説版。忠清北道記念物第35号。

2006_1230_140536aa_800

▲▼城門に続いて、城壁が山の斜面に沿って上っている。

2006_1230_140904aa_800

2006_1230_140917aa_800

▲崩れた石垣がそのまま散乱している。

2006_1230_141016aa_800

▲南門付近の城壁は復元されて小ぎれいだが、少し上まで登ると古い城壁がそのまま残っている。

2006_1230_141752aa_800

▲復元された東門。南門同様、谷間にあたる場所の街道に設けられている。4重の城郭の内、どれにあたるのか分からない。

2006_1230_141713aa_800

▲▼この東門付近の城壁も、谷部から山上に向かって城壁が斜面を上っている。

2006_1230_141859aa_1024

▲上の写真の城壁の裏側、城内。崩れた面を見ると、内部にもぎっしりと石が詰められているのが分かる。クリックして拡大して見ていただきたい。

2006_1230_142205aa_800

▲この城壁を登れる所まで登って見た。

2006_1230_142217aa_800

▲かなり修復されていて、どんどん上まで行けた。

2006_1230_142754aa_800

▲東門が大分小さくなってきた。この城壁を登っている人は他に誰もおらず、高度も高くなって段々不安感が増してくる。

2006_1230_142820aa_800

▲東門のある谷を挟んで反対側の急峻な山腹には、ところどころ修復されていない古い城壁を目にすることができた。

2006_1230_142834aa_800

▲下にタクシーも待たせてあり、そろそろ心細くなってきて降りることにした。

2006_1230_143233aa_1024

▲下まで降りて、城内から東門を見る。川は凍っていた。

2006_1230_143102aa_1024

▲もう一度登って来た城壁を振り返る。石垣の石の量に圧倒される。これもぜひクリックして拡大して見て欲しい。

2006_1230_143340aa_800

▲▼東門のもう片側はかなり険しい岩山だが、古い城壁が岩盤上にも築かれている。

2006_1230_143347aa_800

« 温達山城 (온달산성)~高句麗温達将軍伝説 | トップページ | 大邱達城 (대구달성) ~三国時代初期の城郭 »

山城」カテゴリの記事

忠清道の史跡」カテゴリの記事

李氏朝鮮の史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 温達山城 (온달산성)~高句麗温達将軍伝説 | トップページ | 大邱達城 (대구달성) ~三国時代初期の城郭 »

フォト

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
    面白いと思ったらクリックしてみてください!
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ