« 2007年7月23日 | トップページ | 2007年8月19日 »

2007年8月11日の1件の記事

2007年8月11日 (土)

鶏足山城(계족산성)~百済と思ったら新羅だった

大田市にある山城、鶏足山城を訪ねる。大田市は百済と新羅の境界あたりに位置する最前線の地であったためか、なんと市内に40箇所もの山城が残っている。この鶏足山城はその中でも最大の規模を誇る。 標高420mの鶏足山の頂上を全長1,037mに渉って囲んだ石築の山城である。

位置的にあまりに百済の領域に近すぎることから、長年、百済の城と言われてきたが、近年の発掘調査で新羅の土器ばかりが多く出土し、百済の土器はほとんど出なかった。また、城の構造を見ても西高東低の地形であり、巨大な西の城壁で西方の敵に備えているように見える。他にも、構造上の特徴として、1.百済系の城では見られない懸門式(凹型)の城門を備えていること、2.新羅の城の特徴である、城壁を補強するための、補築構造が城壁外側下部に見られることがあげられている。これらのことごとくが、この城が百済ではなく、新羅が築いた山城であるということを示している。

10m級の雄大な西壁(写真)は、報恩の三年山城を彷彿とさせ、三国時代のものとしては見事である。 午後遅い時間から登り始めた為に、時間不足で南門と西側の城壁など一部しか見ることが出来なかった。東側城壁のすぐ内側に残る巨大な貯水池跡や、その周囲の城壁などが未見で、ぜひ再訪したい。

2007年1月1日踏査

2007_0101_160816aa_800

続きを読む "鶏足山城(계족산성)~百済と思ったら新羅だった" »

« 2007年7月23日 | トップページ | 2007年8月19日 »

フォト

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
    面白いと思ったらクリックしてみてください!
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ