« 2007年8月11日 | トップページ | 2007年8月26日 »

2007年8月19日の1件の記事

2007年8月19日 (日)

公山城 (공산성)~百済の臨時首都

ソウルからバスで1.5時間ほど南の、忠清南道公州市を訪ねる。百済が最初の都である漢城を5世紀末に高句麗に攻め落とされたため、急遽都とした場所である。5世紀末から6世紀にかけての約60年間、百済再興の中心地となった。 公山城は、錦江南岸にある標高110mの丘陵を2.6kmに渉って城壁で囲んだ山城で百済が最初に築いた。三国時代の山城と言えば外周数百mから1km以内のものが大半であり、当時としてはかなり大規模なものである。王宮が城内にあったと推定されており、他の多くの山城が緊急避難用の逃げ込み城として作られていることとは性格からして異なる。 百済時代は土城であったが、李朝時代に大部分を石城に改築した。東北側に一部だけ土城が残っており、百済時代の景観が見られるのはここだけのようだ。

錦江沿岸にあって、交通の要衝であり続けたため、その後も李朝時代まで各王朝が継続して使用したようだ。特に興味を引いたのは、新羅時代の遺構である十二角建物址。1990年の発掘で発見されたとのこと。京畿道河南市の二聖山城にも同じものがあったが、山城と十二角建物の組み合わせの意味が謎を呼ぶ。また、貯水池は李朝時代の大規模なものの他に、百済王宮推定地に円形の小規模な石造貯水池が残っていた。

公山城は、近年の比較的新しい発掘の成果まで、各時代の遺構が案内板でいちいち解説されており、朝鮮史に関心があれば、それらを読みながら散策するだけでもガイド要らずでかなり楽しめる。

2007年1月13日踏査

1

続きを読む "公山城 (공산성)~百済の臨時首都" »

« 2007年8月11日 | トップページ | 2007年8月26日 »

フォト

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
    面白いと思ったらクリックしてみてください!
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ