« 公山城 (공산성)~百済の臨時首都 | トップページ | 扶蘇山城 (부소산성) ~百済最後の王城を守る山城 »

2007年8月26日 (日)

屋島城(Yashima No Ki)~香川県に残る古代山城

夏休みに訪ねた妻の実家から少し足を延ばして小旅行。香川県屋島を訪ねる。源平合戦の史跡として有名だが、667年に古代山城屋島城を築いたことが日本書紀に記載されている場所だ。
663年に百済復興をかけて朝鮮に出兵し、唐・新羅連合軍に大敗した後、亡命百済人の技術を借りて西日本各地に作った防衛拠点のひとつだ。

屋島は外から見ると切り立った絶壁のような山(元は島だったが江戸時代に干拓で陸続きになった)だが、山頂は平坦地が広いのに驚かされた。ホテルなどの観光施設や水族館まである。

僅かに知られていた一部の石塁以外は明確な城の遺構が確認されていなかったが、近年、郷土史家の努力で他の遺構も発見され、2001年には城門跡が発掘されて、やっと屋島城と比定されたようである。

城門跡はまだ発掘調査中で案内板も無く探すのが難しいが、屋島山上にはボランティアの観光案内の方が何名もいて、連れて行っていただくことができた。
城門は思ったよりも大きく、城壁の高さは高いところで5mほどもある。大部分に青いビニールシートがかぶせられているが、城門が3段の石段のようになっているのがシートの上からも分かった。石垣の石は不定形で積み方も荒い。石垣を一見した印象だが、私がこれまで韓国で見て回った京畿道、忠清道近辺に残る古代山城にはあまり似ていない。対馬の金田城の城壁にずっと近い気がする。韓国南部の全羅道や慶尚道の山城はどうだろうか。

解説書にあった貯水池跡らしき低湿地は確認できたが、水門跡は確認することができなかった。工事中のおじさんの話では、市が谷筋を随分発掘していたが、今のところ水門のような遺構は見付かっていないはずとのこと。 この先、まだ何か出てきそうな気がする。

2007年8月4日踏査

Title

2007_0804_114906aa_800

▲JR屋島駅前から屋島を望む。

2007_0804_114923aa_800

▲切り立った断崖の南嶺が見える。下から見ると想像がつかないが、この頂上一帯が広いテーブル状の平地になっている。屋根のようなので屋島と呼ばれたともいう。

2007_0804_115006aa_800

▲屋島駅前から屋島頂上までバスで10数分。

2007_0804_123957aa_1024

▲屋島案内図。南が上になっていて分かりにくかった。屋島城については何も書かれていない。

2007_0804_132007aa_800

▲獅子の霊巌と呼ばれる西側の展望台付近に、屋島城跡とかかれた案内板がポツンと立っていた。これでは何だか誰にも分からない。女木島が後に見える。

2007_0804_132007aa_8001

▲屋島の西側、高松市近辺が見渡せる。

2007_0804_144010aa_800_2

▲貯水池跡と言われる辺り。埋め立てて駐車場になっている。

2007_0804_144051aa_800

▲もうちょっと奥まで行くと、低湿地で池が残っていた。

2007_0804_144908aa_8001_2

▲10数分舗装された道を南に歩き、案内板も何もないところで、道を外れて林の中へと観光ガイドさんについていく。ほんの数分歩いただけで、いきなり発掘中の城門跡が見えてきた。

2007_0804_144913aa_800

▲城壁の切開部分が見えた。土塁を版築したように層らしき線が見える。

2007_0804_144922aa_800

▲▼城壁の内側にも石積みの跡がシートの間から垣間見えた。

2007_0804_144926aa_800

2007_0804_144926aa_8001

▲工事用に作られた木の階段を降りて、城門下に向かう。城門跡は左手にある。

2007_0804_144926aa_8002

▲下から見た城門跡。三段の階段状になっているのがシートの上からでも分かった。右手に水門跡が発掘されたとのことだが、シートで覆われて見えない。城門前は狭く、後に目いっぱい下がってもカメラに入りきらない。ビデオ用のワイドコンバージョンレンズをカメラのレンズにあてがって、何とかレンズに収めた。

2007_0804_144926aa_8003

▲横から見た城門跡。手前の木から、奥にしゃがんでいる人物のところまでが城門である。幅約5m。

2007_0804_144926aa_8004

▲城門跡から、さらに後にさがって城壁の発掘現場全体を写す。数100m程か。

2007_0804_145051aa_800panorama_1024

▲城門を通り過ぎて戻り、降りてきた階段の向こうに進むと、この城門跡発掘の契機になった5mの石垣が目に飛び込んできた!本当にすぐ側まで来ないと、見えないような位置にある。長年、発見されなかったのも分かる気がする。

2007_0804_145100aa_800

▲▼平たく割った不ぞろいな石を乱雑に積み上げているように見える。2007_0804_150022aa_800

2007_0804_145132aa_800

▲巨岩はそのまま城壁の一部として、囲むように石を積んでいる。

2007_0804_145138aa_800

▲基底部が少し見える。

2007_0804_145933aa_800

▲城門方向を見渡す。

2007_0804_150332aa_8001

▲▼階段を登って、城門の上から高松市方向を見晴らす。

2007_0804_150332aa_8002

2007_0804_150332aa_80012

2007_0804_152114aa_800

▲屋島寺がある方向に戻って、観光パンフレットに水門と書かれている谷筋に下って見る。この辺りを随分市が発掘していたらしい。

2007_0804_152148aa_800

▲▼石塁の残骸のようなものが少し見えたが、これだけでは何とも。

2007_0804_152204aa_800

▲しかし、ここに山城があった以上、この谷には必ず水門があった筈である。残念ながら跡形もなく崩壊してしまったのだろうか。

« 公山城 (공산성)~百済の臨時首都 | トップページ | 扶蘇山城 (부소산성) ~百済最後の王城を守る山城 »

山城」カテゴリの記事

日本の古代山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 公山城 (공산성)~百済の臨時首都 | トップページ | 扶蘇山城 (부소산성) ~百済最後の王城を守る山城 »

フォト

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
    面白いと思ったらクリックしてみてください!
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ