« 屋島城(Yashima No Ki)~香川県に残る古代山城 | トップページ | 扶余 羅城 (부여 나성) ~百済城郭都市の城壁 »

2007年9月 1日 (土)

扶蘇山城 (부소산성) ~百済最後の王城を守る山城

忠清南道扶余郡。538年から660年までの約120年間、百済最後の都があったところだ。百済の頃には泗沘と呼ばれた。新羅と唐の連合軍に徹底的に破壊されたためか、飛鳥文化の源流だった筈の百済文化は残念ながら僅かしか残っていない。 しかし、近年の発掘の成果で少しずつその姿を現しつつあると言って良いだろう。

まずは扶蘇山城。王宮があったと推定される地帯のすぐ北に位置する、標高100m程度の低い山に作った土城である。山の北側は錦江に面した天然の要害だ。百済時代をしのばせるのは、この山の頂上を囲む土城の城壁跡と、いくつかの建物址。 今回行ってみて意外だったのは、城壁の縄張りが思いのほか複雑だったこと。案内板によれば、一番外側の大きな外周部分、1.5kmが百済時代のものとのことである。内側に残るいくつかの城壁のラインは、その後の新羅時代と、高麗末~李朝初期に規模を縮小して作った部分だということが発掘調査の結果、分かってきたらしい。

山城の城壁のすぐ外の山腹に、寺跡が残る。西の山腹にあるから西腹寺と呼ぶが当時の名前は分からない。中門、仏塔、金堂の土台や礎石が残っている。伽藍配置は、これらの遺構が全て一直線に並ぶ、日本で四天王寺式と呼ばれる様式である。扶余にいくつも残る百済時代の寺跡は、大抵がこの伽藍配置である。日本では法隆寺の若草伽藍跡などの初期の寺がこの様式を取っている。

ちょっと面白かったのは、この山の南側山麓一帯を発掘中なのだが、これを一般公開していること。散策路が設けてあって、発掘現場を見て回れるようになっている。建物址、工房跡、大路跡、倉庫址などが散在しており、所々に簡単な解説版もあり、ここに百済の都があったことを想像させてくれる。百済の痕跡は、ほとんどが土の中である。

2007年1月20日踏査

2007_0120_125300aa_1024

▲扶蘇山上から錦江を望む。

2007_0120_110216aa_1023

▲扶余市外バスターミナル付近から扶蘇山が見える。

2007_0120_110216aa_1024

▲山麓の発掘現場案内板。王宮を含む、中心地であったと推定されている。

2007_0120_110249aa_800

▲ところどころに解説板が立つ発掘現場。

2007_0120_110828aa_1024

▲▼幅8.9mの南北大路と、幅4mの東西小路が交差する部分。道路は両端に側溝が作られている。交差部分は、石製の蓋がかぶせられていて暗渠になっている。現代の側溝とほとんど変わらない。

2007_0120_110949aa_1024

▲扶蘇山から南に向かってまっすぐに伸びる大路跡。

2007_0120_111919aa_1024

▲扶蘇山城案内図

2007_0120_112323aa_800

▲扶蘇山城入口。この門は勿論観光用のもの。

2007_0120_112510aa_1024

▲▼城門をくぐると、すぐこの解説板と石築の遺構が見える。

2007_0120_112519aa_800

2007_0120_112622aa_800

▲この遺構が何の一部なのかは、解説がなかった。王宮などの中心的建造物の土台だろうか。

2007_0120_114137aa_800

▲城壁跡。扶蘇山城の城壁は、全て版築土塁である。元の高さがどのくらいだったのかは分からない。

2007_0120_114449aa_1024

▲城壁跡に立つ解説板。

2007_0120_114449aa_10241

▲城壁を時代別に色分けしている。一番外側の部分だけが百済時代のもの。この解説板は真ん中辺りの、統一新羅時代の城門跡近くに立っている。

2007_0120_114639aa_800

▲▼土塁の城壁跡が延々と続く。

2007_0120_114645aa_800

2007_0120_114940aa_800

2007_0120_115127aa_800

▲▼倉庫跡。百済だけでなく李朝時代の遺物も発掘されている。

2007_0120_115232aa_800

2007_0120_120031aa_800

▲ここの土塁はかなりの高さを保っているが、解説図によれば新羅時代の城壁のようである。見た目では全く区別がつかない。

2007_0120_121509aa_800

▲山上からの扶余市内の眺め。

2007_0120_121920aa_1024

▲竪穴式住居跡。兵舎跡ではないかと言われている。

2007_0120_122031aa_800

▲▼竈とオンドルの遺構が残っている。

2007_0120_122055aa_800

2007_0120_124904aa_800

▲▼落花岩。百済滅亡時に官女数千人がここから錦江に身を投げたとの伝説が残る。

2007_0120_125137aa_800

2007_0120_125238aa_800

2007_0120_131011aa_1024

2007_0120_131032aa_800

▲創建年代は分かっていない寺。落花岩の下、錦江を臨む中腹にある。土台に石垣を階段状に築くのは、高麗以降の寺によく見られると思う。

2007_0120_134407aa_800

▲西腹寺跡。2007_0120_134507aa_1024手前が金堂跡。奥の土台が仏塔跡。

2007_0120_134724aa_800

▲▼中門跡には僅かに石材が残る。

2007_0120_134743aa_800

2007_0120_134928aa_800

« 屋島城(Yashima No Ki)~香川県に残る古代山城 | トップページ | 扶余 羅城 (부여 나성) ~百済城郭都市の城壁 »

寺院・宗教」カテゴリの記事

忠清道の史跡」カテゴリの記事

扶余~百済最後の都」カテゴリの記事

百済の史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 屋島城(Yashima No Ki)~香川県に残る古代山城 | トップページ | 扶余 羅城 (부여 나성) ~百済城郭都市の城壁 »

フォト

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
    面白いと思ったらクリックしてみてください!
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ