« 扶余 聖興山城 (성흥산성) ~501年築城の加林城に比定 | トップページ | 益山 弥勒寺址(미륵사지)~韓国最古・最大の石塔 »

2007年10月21日 (日)

扶余 青馬山城 (청마산성) ~全長10km??百済最大の山城

午前中に聖興山城を見た日に、昨年できた百済歴史文化館に行き、100年前の扶余の写真展を見た。国立中央博物館が所蔵している1910~1930年代のガラス乾板写真から、扶余を写したものを集めて展示する企画だった。写真集も購入。6,000ウォン。安い!
ここで青馬山城の写真を見た。時間もまだ昼過ぎで余裕がありそうだったので、この羅城の東側を守る山城にも思い切って行って見ることにした。

月明山(標高118m)の稜線上に築いた山城でこれまでは全長6kmと考えられていた。しかし最近の調査で、大小の山城が繋がった10kmに及ぶ巨大な複合式山城と判明した!とのこと。国家史跡34号にも指定されており、すぐ分かるだろうと高をくくって行ってみたが、どこだかさっぱり分からない。大雑把な観光案内板を目安に近くまでタクシーで移動し、そこからは人に道を聞き聞き訪ねた。 40分ほど山道を歩き回り、無駄に小山を一つ越えて、やっと青馬山城の説明版が立っているところにたどり着いた。しかし現地に残っていたのは稜線上の小高い小山に散在する崩れた石材だけ。それでも一応100年前の写真と同じ場所のような気はする。 他に大きな水門が写ったそそられる城壁の写真もあったが、これはどこで撮ったものか今でも判明していないらしい。その城壁はもう残っていないのかもしれない。
しかし、どこをどう調査して10kmと言っているのか、城の縄張りがさっぱり分からなかったのが残念だった。専門家にでも案内してもらわないと無理だ。恐らくさんざん歩いた稜線そのものが土城址だったのではないかと思うが。

2007年2月10日踏査

2007_0210_130617aa_800   

2007_0210_130639aa_800_2

▲写真展の青馬山城の説明。「三国時代の山城として最大級。大小二つの山城が連結されている。その規模は全体外周が10kmに近い超大型で内部に警龍寺跡が残っている。1914年最初の踏査報告に『西城』と紹介された後、1920年の『朝鮮古蹟調査報告』で青馬山城という名前で記載された。」

2007_0210_130624aa_800_3

Aouma_640

▲谷のように見える場所の城壁と水門の写真。現在の場所を特定できていないとのことだが、本当に青馬山城だろうか??水門の形が百済らしくないように思えるが。

2007_0210_141146aa_800

▲陵山里古墳群の裏山の辺りをさんざん歩き回り、住民に道を聞きながらやっとたどり着いた登山口。これを右に進む。

2007_0210_141841aa_800

▲稜線を登り始めて10分と掛からずに、史跡表示碑を見つけた。

2007_0210_141847aa_800

▲▼碑石の後は石材が散乱している。

2007_0210_142116aa_800

2007_0210_142257aa_1024

▲▼近くに説明板も設置されていた。

2007_0210_142452aa_800

2007_0210_143319aa_800

▲▼2007_0210_143326aa_800 稜線上にこのような山道が延々と続いている。

2007_0210_145513aa_800

▲▼途中にこのような碑があった。山神を祀るものであろうか。

2007_0210_145442aa_800

2007_0210_145757aa_800

▲▼解説板の近辺に一番石材が多く散乱している。

2007_0210_150022aa_800

2007_0210_150153aa_800

2007_0210_150257aa_800

2007_0210_150304aa_800

2007_0210_150314aa_800

2007_0210_150408aa_1024

▲百年前の写真で韓服の男が立っていたのは、このような斜面だったろうか。

« 扶余 聖興山城 (성흥산성) ~501年築城の加林城に比定 | トップページ | 益山 弥勒寺址(미륵사지)~韓国最古・最大の石塔 »

山城」カテゴリの記事

忠清道の史跡」カテゴリの記事

扶余~百済最後の都」カテゴリの記事

百済の史跡」カテゴリの記事

コメント

青馬山城行かれたんですね~
水口が見られなかったのはホントに残念でしたね。
(私たちが行った時より、遊歩道や説明板など整備されているみたいですが…)
青馬山城については下記のような参考文献があります。
99年踏査時の写真はメールで送ります。

松波宏隆・向井一雄,1999,「扶餘青馬山城の平面プランについて」,『朝鮮古代研究』第1号,朝鮮古代研究刊行会
姜煕天(寺岡洋訳),1999,「扶餘青馬山城地表調査報告-水口遺構を中心に-」,『朝鮮古代研究』第1号,朝鮮古代研究刊行会

オモイカネさま

初書き込みありがとうございます!
99年の水口の写真もありがとうございました。
扶余にまた行かないとならなくなりました(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 扶余 聖興山城 (성흥산성) ~501年築城の加林城に比定 | トップページ | 益山 弥勒寺址(미륵사지)~韓国最古・最大の石塔 »

フォト

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
    面白いと思ったらクリックしてみてください!
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ