« 2008年1月2日 | トップページ | 2008年2月10日 »

2008年2月3日の1件の記事

2008年2月 3日 (日)

雪城山城(설성산성)~漢城百済の痕跡-6

京畿道利川市の雪城山城を訪ねる。近くに雪峰山城がある。どちらも雪にちなんだ名前だ。利川市は全体に低い山がちらばる内陸の平地だが、確かにソウルと比べると雪がよく振る。たぶん大昔からそうだったのだろう。

雪城山は、標高290.4mのなだらかな山。山城は、頂上と隣の峰との間の谷を、石の城壁で約1kmに渉って囲んでおり、包谷式山城と分類されている。

1999年から始まった本格的な発掘調査が今も進行中である。3次調査までの2003年の調査報告書がネットで公開されていて、これが中々面白い。あくまでも途中経過の報告で今後の発掘調査完了まで結果は出せないと断りつつも、以下のような見解が述べられている。

1.発掘調査結果、最初に土城があって後から石城に改築した形跡は認められない。
  当初から石城として築いた可能性高い。
2.城壁基底部から出土する土器は4~5世紀の百済様式である。
3.新羅の土器は9世紀のものが中心で、8世紀のものが出ていない。
4.現時点で出土した土器の量はは百済式のものが大多数である。

4~5世紀というと、百済が最初の都を漢城(今のソウル)に構えた時代である。その頃の百済の城といえば版築土塁や木柵による土城ばかりで、石城はまだなかったのでは、と言われて来たが、この雪城山城の発掘調査によって書き換えられていくかもしれない。
近くの雪峰山城も、雪城山城と似ている点が多いとのことで、そちらの調査結果も見直すべきだとの話しが出ているらしい。

全7回の計画になっている今後の発掘調査結果が楽しみである。
2007_0224_074803aa_1024_4      

2007年2月24日踏査

続きを読む "雪城山城(설성산성)~漢城百済の痕跡-6" »

« 2008年1月2日 | トップページ | 2008年2月10日 »

フォト

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
    面白いと思ったらクリックしてみてください!
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ