« 月籠山城(월롱산성)~漢城百済の痕跡-7 | トップページ | 灌燭寺 石造弥勒菩薩立像(관촉사석조미륵보살입상)~水木しげるが鬼太郎に登場させた仏像 »

2008年3月 1日 (土)

坡州龍尾里石仏立像(파주용미리석불입상)~イザベラ・バードが見た石仏

坡州市で統一展望台や月籠山城を訪ねた帰りにこの仏像を見に行った。ソウル・坡州間のバス・ルート上にあって、途中下車したバス停のすぐ近くだった。

これはなかなか見応えがあった。高麗時代の石仏だが、土俗的な顔立ちの中にもかなり洗練された印象を受ける。高さ17.4mで、近くで見るとかなりの迫力。韓国で、他にこれに類した石仏を見たことが無い。

19世紀末の興味深く貴重な朝鮮紀行文である、イザベラ・バードの「朝鮮紀行」に、この石仏が詳しく描写されている。1895年、ソウルから開城へ向かう道中の記事の中に挿絵付で紹介されている。朝鮮各地を旅行しながら、あまり史跡や遺跡にお目にかかれなかった彼女に、とても印象深かったようである。森から頭二つを突き出すこの仏像の挿絵を見て、実物を探して見てみたところ、このようにちゃんと残っていた。しかし顔面をよくみると、疱瘡の痕のように黒い点がいくつも。朝鮮戦争の時の弾痕かもしれない。

坡州から臨津江を越えれば、開城はもう目の前である。もちろん、バードは開城、そして平壌まで北上しているが、同じように旅行ができないのが100年後の現在かと思えば、実に残念なことである。バードはこの平壌へ向かう旅の途中でいくつかの山城跡も見ているが、うらやましい限りだ。

2007_0301_141309aa_800

2007年3月1日踏査

朝鮮紀行―英国婦人の見た李朝末期 (講談社学術文庫) 朝鮮紀行―英国婦人の見た李朝末期 (講談社学術文庫)

著者:イザベラ・L. バード
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007_0301_142455aa_1024

▲ヨンアム寺という寺が、石仏の下にある。入り口の表示。

2007_0301_140821aa_640

▲この寺の左奥の高台に石仏がある。

2007_0301_141226aa_800

▲木々の間から石仏が見える。

2007_0301_141142aa_1024

▲解説版。

2007_0301_141240aa_800

2007_0301_141309aa_800_2

2007_0301_141326aa_800

2007_0301_141410aa_800

2007_0301_141429aa_800

2007_0301_141513aa_800

▲後ろから見るには、斜面を登らないとならない。

2007_0301_141524aa_800

2007_0301_141609aa_800

2007_0301_141615aa_800

2007_0301_141702aa_800

2007_0301_141707aa_800

2007_0301_141716aa_800

2007_0301_141855aa_800

2007_0301_141908aa_800

2007_0301_141934aa_800

« 月籠山城(월롱산성)~漢城百済の痕跡-7 | トップページ | 灌燭寺 石造弥勒菩薩立像(관촉사석조미륵보살입상)~水木しげるが鬼太郎に登場させた仏像 »

ソウル・京畿道の史跡」カテゴリの記事

寺院・宗教」カテゴリの記事

高麗の史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月籠山城(월롱산성)~漢城百済の痕跡-7 | トップページ | 灌燭寺 石造弥勒菩薩立像(관촉사석조미륵보살입상)~水木しげるが鬼太郎に登場させた仏像 »

フォト

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
    面白いと思ったらクリックしてみてください!
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ