« 丹陽 赤城(단양적성)~竹嶺を越えて高句麗領へ・・6C新羅の北進橋頭堡 | トップページ | 南漢山城(남한산성)再訪~発掘調査が明らかにした統一新羅時代の遺構 »

2008年12月 7日 (日)

関門城(관문성)~日本の侵攻に備えた8世紀新羅の長城

慶州と蔚山の境にある関門城目指して、朝一番の電車に乗って慶州へ。
この関門城は、統一新羅初期の722年に日本の侵略に備えて築いた長城である。都である金城の南方20kmほどの地点に、東西12kmほどの城壁が所々残っている。新羅が築いた長城の内、今簡単に訪ねることができるのはここだけだ。
Google
慶州からは、国道7号線を南下する毛火里行き市内バスに約30分ほど乗って、終点で降りる。バスターミナル近くの線路に沿って南に数分歩くと、線路で分断された関門城の城壁が見えた。この線路と国道7号近くの城壁は近年復元整備されている。
2007_1110_103017aa_800 
線路の西側でまた国道7号によって城壁が分断されているが、この辺りに城門があったらしい。
2007_1110_103932aa_800
▲国道7号で城壁が途切れている。慶尚南道と慶尚北道との境界点でもある。
この城壁を東にずっとたどって山を登って行くと、やはり統一新羅時代の山城、新垈里城が近くにある筈である。この新垈里城では銘文石が10個ほど見付かっており、ここを目指して関門城の跡を東に向かって行った。
2007_1110_104809aa_800
関門城は途中で痕跡を見失い(というか元々途中までしか無いらしいが)、その後、登山道が途絶えた山中を行きつ戻りつ2時間強。降参しましたがまん顔
方向音痴のくせにあまり下調べをしないでフラッと出かけてしまうので、幾度かこういう目に会っているあせあせ
後で聞いたところによると、やはり関門城からは新垈里城に行けないそうである。

722年というと日本はもう奈良時代。663年に白村江で新羅・唐に大敗してから60年ちかい。ちょうど太平洋戦争に負けた後の現代と同じくらい戦争の記憶が遠くなっていた頃だろう。学校で習った奈良時代の印象も、何となく平和な時代という感じだ。どうしてそんな頃に新羅は対日防衛の為に12kmもの長城を?と思ったが、ちょっと調べて見ると、とんでもない。
白村江以降の東アジアでは、唐・新羅戦争、渤海国の勃興、唐・渤海の戦争・・・と、緊張関係が継続していた。そんな中、日本も無関係ではなく、再び手を結んだ唐・新羅に対抗して、渤海と同盟を結び、両陣営の間で対立軸を形成していた。律令国家の徴兵制による軍団を完成・維持させ、渤海と結んで新羅征討計画を立て、756年には吉備真備が新羅征討の前哨基地としての怡土城を九州に築城している。
幸いにして戦争は起きなかったが、あと一歩の臨戦態勢にまで行っていたのではないだろうか。
2007年11月10日踏査

2007_1110_100021aa_800

▲仏国寺駅。ここで下車し、すぐ目の前の国道に出て毛火里行きのバスに乗った。関門城は最近の観光地図にも載っているが、バスの運転手も、地元の乗客たちも誰も知らなかった。

2007_1110_103325aa_800

▲国道7号の城壁の切れ目には、解説版が立っている。

2007_1110_103525aa_1024

▲解説板では新垈里城と長城を合わせて一つとしているが、身をもって確認した通り(?)二つの城はつながっておらず、別物である。ただし築城技術の共通性から、同じ頃に作られたのではないかとも言われている。

2007_1110_103608aa_800

▲▼復元された城壁。切石で組まれた城壁の上に、割り石が二列に積み上げられている。妙な形だ。整然とした切石の部分は統一新羅時代、その上は後代に野面積みのような形で補修してあったのを、そういう様式と勘違いして復元したものだろうか?

2007_1110_103721aa_800

2007_1110_103936aa_800

▲国道の西側にも城壁が続いている筈だが、鬱蒼とした小山しか見えず。こちら方面はパスして、国道から東側に向かって城壁を辿ることにした。

2007_1110_104023aa_800

▲復元城壁区間がしばらく続く。

2007_1110_104101aa_800

▲城内側は区間によって、城壁の高さに近いくらいに土が盛られている。もともとの地形かもしれない。

2007_1110_104356aa_800

▲国道から歩き始めて線路まで来た。さらに線路を越えて、向こうの山に向かって進む。

2007_1110_104220aa_800

▲線路の向こうにも復元城壁が続く。

2007_1110_104759aa_800

2007_1110_110157aa_800

▲▼基底部の石積み。階段状に後ろにずらしながら積まれている。

2007_1110_110144aa_800

2007_1110_112518aa_800

▲途中から復元城壁が無くなり、城壁の外側に沿って辿っていった。この辺りは、川沿いの小丘陵をそのまま城壁にしたような区間。

2007_1110_112547aa_800

▲ほんの一部に石積みが残っていた。

2007_1110_113824aa_800

▲城壁内側に毛火寺というのがあり、入り口は城壁跡を貫通している。

2007_1110_114124aa_800

▲▼石積み跡はところどころに残る。

2007_1110_114131aa_800

2007_1110_114431aa_800

▲登山口。山に向かって進む。

2007_1110_120250aa_800

▲▼こんな山道を進んで山頂近くまで行ったが、行き止まり。

2007_1110_123049aa_800

2007_1110_132830aa_800

2007_1110_132817aa_800

▲何時間も山道をさ迷い歩いた末に、下山。

2007_1110_142918aa_800

▲せっかく遠くまで来たので慶州国立博物館を見て帰ることにした。

2007_1110_150118aa_800

▲高仙寺址石塔。元あった場所がダムに水没する際に博物館に移転したそうだ。

« 丹陽 赤城(단양적성)~竹嶺を越えて高句麗領へ・・6C新羅の北進橋頭堡 | トップページ | 南漢山城(남한산성)再訪~発掘調査が明らかにした統一新羅時代の遺構 »

慶尚道の史跡」カテゴリの記事

新羅の史跡」カテゴリの記事

コメント

奈良時代と身近な二次大戦後の感覚の比較は面白いですねー!(*^ー゚)b


ああー、高校生の時選択した世界史の授業に、今なら打ち込めそうです(笑)当時はぜんぜん覚えられなかったですけど。

日本列島には、古来から朝鮮半島各王朝より政変などの度に流入があったようですが、「こないだ日本に逃げて行った奴らが、もしあっちの日本人たち引き連れて仕返しに来たら脅威だなあ」とか思ったんですかね。想像は尽きないです。

関門城を訪ねたのがきっかけで、奈良時代が違った姿に見えてきて、おもしろくなってきました。

新羅と日本って、7世紀末に一時的に友好関係になったこともありますが、史書に見える姿としては、全体として敵対関係に見えます。

新羅にとって、日本の存在がどれくらい本気で脅威だったのか?興味は尽きないです。
8世紀の新羅と日本の軍事体制、軍事力の比較を一度してみたいと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 丹陽 赤城(단양적성)~竹嶺を越えて高句麗領へ・・6C新羅の北進橋頭堡 | トップページ | 南漢山城(남한산성)再訪~発掘調査が明らかにした統一新羅時代の遺構 »

フォト

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
    面白いと思ったらクリックしてみてください!
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ