カテゴリー「慶尚道の史跡」の4件の記事

2014年11月 3日 (月)

南山新城(남산신성)~南山新城碑 来日記念

韓国の古代山城を研究する上で、最重要な城の一つ、慶州 南山新城の築城碑である南山新城碑第1碑が、現在、佐倉の歴史民俗博物館に展示中だ(12月14日まで)。

http://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/index.html
文字がつなぐ-古代の日本列島と朝鮮半島-

Dsc07570_640

 この石碑は、これまで一部破片だけのものも含めて10個が見付かっている。
石碑の冒頭は、どれも591年2月26日の築城年月日と、三年以内に担当工区の城壁が崩れたら罰を受けることを誓約する文章で始まり、責任者や担当者の出身地域、官職・実名、寸単位まで書かれた担当工事区間が刻まれている。6世紀末に既にこれだけ明文化された労役調達体制が整備されていたとは驚きである。
 文体も他の6C新羅の大半の石碑同様、純漢文ではなく、新羅語の語順に合わせて書かれており、新羅人による新羅人の為の独自の新羅語表記の形が、ある程度できあがっていたことが覗われる。このように、石碑の方は新羅史の第一級資料である為、論文も多く、あちこちで取り上げられているが、南山新城自体がどういうものかについては、意外と情報が少なく探し難い。
 外周4.9kmの石築の山城であるが、城壁の大部分は崩れて整備もされておらず、登山道を外れて多少のヤブコギをしないと、数箇所で残っている壁面を見ることはできない。筆者は在韓中の2008年に新羅文化院 http://www.silla.or.kr/ の踏査会に参加する機会を得てほぼ一周することができた。詳細は、以下に。

R0014853_640

続きを読む "南山新城(남산신성)~南山新城碑 来日記念" »

2008年12月 7日 (日)

関門城(관문성)~日本の侵攻に備えた8世紀新羅の長城

慶州と蔚山の境にある関門城目指して、朝一番の電車に乗って慶州へ。
この関門城は、統一新羅初期の722年に日本の侵略に備えて築いた長城である。都である金城の南方20kmほどの地点に、東西12kmほどの城壁が所々残っている。新羅が築いた長城の内、今簡単に訪ねることができるのはここだけだ。
Google
慶州からは、国道7号線を南下する毛火里行き市内バスに約30分ほど乗って、終点で降りる。バスターミナル近くの線路に沿って南に数分歩くと、線路で分断された関門城の城壁が見えた。この線路と国道7号近くの城壁は近年復元整備されている。
2007_1110_103017aa_800 
線路の西側でまた国道7号によって城壁が分断されているが、この辺りに城門があったらしい。
2007_1110_103932aa_800
▲国道7号で城壁が途切れている。慶尚南道と慶尚北道との境界点でもある。
この城壁を東にずっとたどって山を登って行くと、やはり統一新羅時代の山城、新垈里城が近くにある筈である。この新垈里城では銘文石が10個ほど見付かっており、ここを目指して関門城の跡を東に向かって行った。
2007_1110_104809aa_800
関門城は途中で痕跡を見失い(というか元々途中までしか無いらしいが)、その後、登山道が途絶えた山中を行きつ戻りつ2時間強。降参しましたがまん顔
方向音痴のくせにあまり下調べをしないでフラッと出かけてしまうので、幾度かこういう目に会っているあせあせ
後で聞いたところによると、やはり関門城からは新垈里城に行けないそうである。

722年というと日本はもう奈良時代。663年に白村江で新羅・唐に大敗してから60年ちかい。ちょうど太平洋戦争に負けた後の現代と同じくらい戦争の記憶が遠くなっていた頃だろう。学校で習った奈良時代の印象も、何となく平和な時代という感じだ。どうしてそんな頃に新羅は対日防衛の為に12kmもの長城を?と思ったが、ちょっと調べて見ると、とんでもない。
白村江以降の東アジアでは、唐・新羅戦争、渤海国の勃興、唐・渤海の戦争・・・と、緊張関係が継続していた。そんな中、日本も無関係ではなく、再び手を結んだ唐・新羅に対抗して、渤海と同盟を結び、両陣営の間で対立軸を形成していた。律令国家の徴兵制による軍団を完成・維持させ、渤海と結んで新羅征討計画を立て、756年には吉備真備が新羅征討の前哨基地としての怡土城を九州に築城している。
幸いにして戦争は起きなかったが、あと一歩の臨戦態勢にまで行っていたのではないだろうか。
2007年11月10日踏査

続きを読む "関門城(관문성)~日本の侵攻に備えた8世紀新羅の長城" »

2008年5月12日 (月)

姑母山城(고모산성)~高句麗の南下に対抗か?急成長する5世紀新羅の山城

慶尚北道聞慶市の姑母山城を訪ねる。

聞慶市の観光地図には載っているが、史跡としての指定は受けていない。一方で山城の資料などでは新羅の城として紹介されていて、前から気になっていた城だ。
聞慶市はソウルから高速バスで二時間。そこから市内バスに乗り換えて15分ほどで着いた。バスの運転手から言われた通りに道なりに進んでいくと、すぐに左手に巨大な城壁と城門、それにぽっかりと空いた二つの水門が見えた!山城の一番低い西の谷の部分で、ほとんど平地になっているところだ。

Panoramawestgate_1024

 この水門の形は、新羅系の山城でよく見られる、上が狭くなっている台形である。城壁の基底部は補助城壁で補強されており、城門は懸門式。石積みは小さく平たく加工した割石を緻密に積み上げている。 いかにも典型的な新羅の古城である!

2007_0421_085638aa_800

城門から中に入ると、重機を使っての発掘調査中であった。しかし、良いところに来た。こぎれいに復元されてテーマパークのようになる前の、ナマの姿を拝むことができた。
城門のすぐ内側では、貯水池跡を掘り返して、調査しているところだった。貯水池内側の石積みが見えた。また、城壁水門を裏側から見ると、石造の集水溝が水門に向かって伸びているのが見えた。2007_0421_090228aa_800

水門横の城壁の城内側が土に埋没しているのを、一部基底部まで掘り返していた。この下半分の3mくらいはありそうな城壁は、横の水門の高さよりも低い位置にある。最初から埋め殺しにしてあったのだろうか。埋没していたせいで石積みが綺麗に残っていた。この西門城壁の基底部からの高さは7~8mはあるかもしれない。

城内を城壁に沿って一周した。全長1.3km。谷を囲む包谷式山城だ。街道沿いから見える南西の城壁から南門までは、観光用にピカピカの新品に再現されていたが、他の半分以上の城壁は崩れた石塁の状態だった。南東城壁の頂部に石垣をセメントで固めて補強した塹壕跡らしきものが見られたが、2007_0421_093306aa_800_2 解説版によれば朝鮮戦争のときにも、ここは交通の要衝として重要な戦略拠点だったと書いてあるので、韓国軍がここに要塞を構えていたのだろう。

この山城には、16世紀末、文禄の役の時の記録も残っている。日本軍がその地勢と城郭を恐れて何度も偵察した挙句、もぬけの空であったことを確認して、喜んで歌を歌いながらこの要所を通過したとのことだ。
姑母山城の南門に向かって麓から一直線に延びる、翼城と呼ばれる補助城郭が復元されている。2007_0421_105019aa_800 全長401m。文禄の役で日本軍に素通りされてしまった後、街道沿いの南側の防御を固める為に1596年に作られたものを復元したものである。

さて、姑母山城を訪れてから二ヵ月後にプレスリリースがあった。発掘調査中の西門で大型の地下木槨庫を発見。12.3m(南北方向)×6.6~6.9m、高さは4.5m。同時に出土した木製品や土器から、5世紀の新羅のものと確定したとのこと。このような木製の地下貯蔵庫は、百済では数例があったが、新羅のものとしては初めての出土例。

この城は、小さく平たい割石を緻密に高く積み上げる様式や、基壇補築、懸門、水門の形状、包谷式で城門がほとんど平地に近い低地に作られている立地など、忠清北道報恩の三年山城と規模を除けばそっくりである。三年山城は470年の築城だが、この城も同じ頃に作られたのであろう。三年山城は百済との国境に、そしてこの姑母山城は高句麗との国境近くである。三国時代、最も後進で弱小だった新羅が徐々に実力を付けて、その国力を高句麗や百済に示威するために、このような城郭が必要だったのであろう。

高句麗は5世紀、広開土王、長寿王の頃に半島をどんどん南下してくる。475年には漢城百済を一時滅ぼして、漢江流域を獲得。百済は急遽南に遷都して公州で再興を図るが、高句麗の南下は止まらない。公州に迫るかのように、忠清北道清原郡や大田市の山城には、高句麗軍がかなりの期間駐屯した痕跡が残っている。

新羅が三年山城や姑母山城のような本格的な石築山城を国境地点に築いたのは、このような緊迫した時期である。何となく訪ねた姑母山城だったが、思いの外、重要で興味深い遺跡だった。

2007年4月21日踏査

続きを読む "姑母山城(고모산성)~高句麗の南下に対抗か?急成長する5世紀新羅の山城" »

2007年7月23日 (月)

大邱達城 (대구달성) ~三国時代初期の城郭

大邱広域市は、慶尚北道の中心になっている都市である。大邱達城は、市の中心部に残っている、三国時代の土城だ。 平地の丘陵地帯に版築で突き固めた土手が、1.3kmに渉って町をぐるりと囲んだ状態がよく残っている。

城壁の高さは4m程度と説明にはあったが、元々の丘陵地形をうまく利用しているせいで、場所によっては10mほどの高さに見えた。この城壁の内部は公園になっていて動物園や歴史資料館などがあり、家族連れが週末を楽しんでいた。
この地域は、三国時代に新羅に取り込まれたところであるが、もとは三韓時代の辰韓諸国の一つであったろうか。新羅の王京である慶州の月城も同様に平地の丘陵地を利用して作った土城で、三韓時代もしくは三国時代初期の韓半島南部城郭の典型であるかもしれない。このような土城が、ごく初期の朝鮮の城郭都市のようである。

2006年12月31日踏査

2006_1231_163908aa_800

続きを読む "大邱達城 (대구달성) ~三国時代初期の城郭" »

フォト

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
    面白いと思ったらクリックしてみてください!
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ